AED講習会実施

3月28、29日に講師としてセコム様を迎えAED講習会を実施致しました。
講師の方に人形を使って、実際のやり方を詳しく指導していただきました。
弊社社員、管理しているビルのテナント様、近隣のオーナー様にもご参加いただきました。

仙台市では、救急車を呼んでから、到着するまで、8~9分かかるそうです。 救急隊の方が到着するまでの初期対応で使用するのが、AED(心肺蘇生法)です。

上の人形を使用し、実際に一連の処置を行いました。
AEDが用意出来、フタを開けると、音声案内が始まりますので、基本的には、案内通りに進めていくようになります。

ですが、実際に行ってみると、思っている以上に強く押さなければいけないという印象を受けました。

一刻を争う、8~9分の間に人の命が左右される可能性があります。
分かっていないと、躊躇してしまうと思います。
実際に行うことはとても重要で、大変、意味のある講習だったと思います。

今回の講習会は、4月の定禅寺ヒルズへの設置に合わせて行いました。
今後も、講習会は継続して行っていく予定です。

下記、弊社管理物件の5箇所で設置が完了しております。

居住者の方はもちろんのこと、近隣で突然倒れた人の救命にも利用していただくということも想定して設置しております。

地域の方々の関心が高まれば、人と人がつながり、より良い地域コミュニティを形成していけると思います。

参考

セコムが提供する「AEDパッケージ」に関する紹介サイト

「AEDの使用方法と心肺蘇生の手順」

https://www.secom.co.jp/business/medical/pop_aed.html